2014年12月10日「中国ウェブビジネスにおける知財保護と契約」セミナー 東京商工会議所様主催


2014年12月10日、東京商工会議所様共催の「中国ウェブビジネスにおける知財保護と契約」セミナーにて、講師を担当させて頂きました。

 

会場は4階の会議室でした。

IMG_1120

 

 

4階にはこのような案内が。

IMG_1119

 

 

とても広く、また綺麗な会場でお話をさせて頂きました。

IMG_1118

 

 

テーマは「中国ウェブビジネスにおける知財保護と契約」としていますが、ウェブビジネスに限らず、海外の企業・個人との取引を始める・進めるにおいて留意すべき事項を、特に知財面と契約(法務)面からお話させて頂きました。

 

特に契約について、国内取引の延長的感覚で契約書を取り交わさなかった、という場面によく遭遇します。

大前提として、契約書は当事者の合意を書面化したものであり、合意ができていれば契約は成立します。

ただ、それをきちんと書面にして証拠としてもっておかないと後で言った言わないのトラブルの火種になります。

特に文化、言語、習慣の異なる海外の企業・個人相手ではなおさらだと実感しています。

 

知財権の取得、相手の調査、契約書の取り交わし等は、将来のリスクを低減するための投資の1つなのではないでしょうか。

短期的だけではなく長期的な目で、リスクとその対処に係る費用を検討することをお勧めします。

 

最後に、師走まっただ中にも関わらず ご参加下さった皆様、誠にありがとうございました。

なお、弊所では企業様、団体様向けにもセミナーを行っております。

技術者向けの特許セミナー、営業部署向けの商標・契約セミナー等、様々なテーマでお話させて頂いておりますので、ご興味ありましたら是非お気軽にお声掛け下さい。

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.

Powered by WordPress | Designed by: Virtual Server Hosting | Thanks to WordPress Themes, Free WordPress Themes and